title

あえてiPhone nano

090608wwdc.png
当ブログにおきましては、2006年から
毎年一人キャッキャと盛り上がっておりますWWDCがついに本日深夜!
ほぼ確定的なお題としては、新iPhone、新iPhoneOS、新OSX、
ということで、熱心なアップルファンでなくても
激しく興味をそそられる品揃えとなっています。
この時期になると世界規模であらゆるウワサや偽情報が氾濫しており、
もはや何を信じればいいのか分からないため、開き直って、
あえて斜め上を行く誇大妄想的な独自予想(イラスト付き!)を以下に。


まずは新型iPhone。諸々パワーアップ、若干デザイン変更、自分撮りカメラ付き。
こちらは、割とウワサ通りになる気がします。
それに対し、ひっそりと独自予想したいのがiPhone nano。
iPod nanoに、電話、メール、SMS、カメラがついた位の機能。
それっぽいウワサは最近ほとんどないのですが、
先週公開された>>マルチタッチクリックホイールの特許と、
数ヶ月前の「次期iPodはカメラ付き?」というウワサ、
さらに、チラホラと話題になる廉価版iPhoneの件を鑑みると、
真の伏兵として控えているのではないかという個人的希望予測。
特に思うのが、「iPhoneスゲー」と思いつつも
「自分には難しそう」とか「月8,000円はキツい」と
躊躇している人が身の回りに多いので、
その辺の層を取り込めるiPod風カンタンiPhoneがあれば、
iPhoneシェアを一気に拡大できるんじゃね?と無邪気に思う次第です。
カラバリがあればプリティクール。
↓仕事中に手が勝手に描いた予想図。
090608iphonenano.jpg
次に、新iPhoneOS。順当に色々パワーアップすると思います。
最後に、新OSX。Leopardが、SnowLeopardになるという
イレギュラーなアップグレードであるため、単なる高速化・安定化ではない
何かが隠されているのではないかと常々勘ぐっています。
個人的には、ここ数年ささやかれ続けている
マルチタッチMac的なものに対応するための新OSなのではないかと切望。
その場合、世界が待ちのぞんだ新製品発表ということになりますが、
病気療養のため今回は欠席とされるジョブズ氏が、
「おいしいところは絶対に自分で発表したい説」もあるため、
非常に微妙なタイミングです。
というわけで、大穴狙いの予想ですので盛大にハズれた時は
見なかった事にしてください。

関連する記事


コメントする

Spam Protection by WP-SpamFree