MacBookProのSSDを諦めない

MacBook, アップル

>>(妄想による)SSD搭載の新型 に買い換える気満々だったのに
盛大に予想がハズレて、新インターフェイスのサンダーボルトと
CPUの性能UPに留まりました >>MacBookPro
冷静に考えれば、システムとデータを別のドライブに分けて
それをユーザーがややこしくないように運用するにはOS側の対応が必要ですし、
これはほんまにノートブックの未来じゃ」というイベントも必要なので、
発表イベントなしに革新的な新型はなかったかなと。

しかし、個人的には、SSDとHDD両搭載のMBPの希望はまだ捨てていません。
というのも、自分の予想だけならただの妄想なんですが、
今回の発表直前になってSSD+HDD絡みの噂が
まっとうな噂系サイトに出まわった事と、
今回のMBPのスペックに、若干その場しのぎ感を感じること。
特に13インチのディスプレイ解像度が
MacBookAir以下というのはいかがなものかと。


また、同時に公開された開発者版 >>OSX10.7Lion
外部ストレージの暗号化機能が追加されているそうで、
これはひょっとすると、SSD+HDD仕様でユーザーフォルダを
別ストレージに格納する際に必要となる機能ではないか、ということで、
少なくともOSX10.7登場後に、MacBookPro本気のアップグレードが
来るのではないかと淡い期待を寄せています。

その場合、数年前から囁かれている炭素繊維による筐体が登場か、
という気もしますが、そうなると出たばかりのアルミMacBookAirが
ボヤッとするので、炭素繊維はかなり先の話かもしれません。
アルミのままで、もう少し薄く軽くなるといいかな、と。

そんなわけで今回の買い替えはやめといて、
夏か秋の新型MacBookProを待つか、
心揺らいでAirに流れるかという今日この頃です。

ちなみに、今回の鬼のようなCPU性能やサンダーボルトにこだわらなければ
旧型はけっこうお買い得かもしれません。
>>AmazonのMacBook一覧