title

新型MacBookProを予想

いよいよ新型MacBookProの登場が近いようです。

うちのMacBookProは2009年1月に購入したユニボディの最初期型(Late2008)なので、
MacBook Airを必死でガマンした今、絶賛の買い替え候補となります。
また、噂によれば、それなりにデザインの変更があるようなので、
個人的には次期iPadよりもワクワクしています。
そんなわけで、恒例の新型予想。

今回の予想で重要なのがMacBookAirの存在です。
全モデルに高速なSSDを搭載し、非力なCPUと少ないメモリの割に
かつてない体感速度のMacBookAir。
プロの名がつくMacBookProが、Airの体感速度に劣るような事があっては名が廃る!
ということで、ぜひ標準でSSDを導入していただきたい。
しかし、業務用も想定されるMacBookProに低容量のSSDでは心もとないので、
光学ドライブは無しで、代わりに大容量ハードディスクも搭載、と。


これまたGeekな妄想マシン、という感じにも思えますが、
iTunesストアに続き、MacAppストアの登場で、
音楽も映画もソフトウェアもオンラインで購入できようになった今こそ、
アップルとしてはいよいよ本気でCD・DVDは切り捨ててきそうな予感がします。
どうしても欲しいなら>>外付けドライブ
システムの再インストールは>>Airと同じくUSBメモリで。
アップル製ソフトのパッケージ販売が近々なくなるという噂もそれを裏付けます。
初代iMacでフロッピーディスクを切り捨て、iPadでFlashを切り捨てた
アップル得意のなんとかの剃刀がMBPにも発動するのでしょうか。

CPUについてはよく分かりませんが、Core iなんとかからのラインナップ、
メモリは4GBスタート。
あと、個人的に注視してるのはディスプレイ解像度なのですが、
15インチ現行モデルBTOの1680×1050が標準になっても良さそうな気はします。

ここまで書いて、これはMacBookAirProなのではないか、と思いましたが、
ある製品で得た良いことを別の製品に取り込むのは最近のアップルの得意技なので、
一応予想してみたいところです。
予想と言いつつ、気がつけば自分が欲しいだけのスペックになるのはいつものことですが、SSD・光学ドライブあたりのなんやかんやは期待したいです。

↓ Late2008の内部。
左下が光学ドライブ、右下がハードディスクです。

Apple MacBook Air SuperDrive MC684ZM/A
2010-10-22発売
>>Amazonで価格をチェックする

関連する記事


コメントする

Spam Protection by WP-SpamFree