title

Apple Magic Trackpad速報マクロレポ


27日夜の発表と同時に注文し、先ほど届いたアップルのマジックトラックパッド。
勢いに任せて恒例のマクロレポート&ファーストインプレッションです。


まず感激するのが、トラックパッド面の滑りっぷりと広さ。
いま使っているMacBookProでも使われている
同じサラサラガラスなのですが、それが80%広くなったということで、
広大なスケートリンク気分でやけに心地いいです。
マジックマウスのマルチタッチも素晴らしいのですが、
そちらはキュキュっと摩擦を感じるのに対し、
マジックトラックパッドのスベスベ感は圧倒的。
四本指のジェスチャーも自然にできます。

気になっていたクリックについてですが、手前のゴム足が
ペコペコへこむようになっています。
公式サイトなどの写真をみる限り
ゴム足が動くようには見えなかったのですが、
正確には、クリックのスイッチが薄いゴムで包まれている感じです。


このスイッチは手前の2点しかないので、テコの原理によって
トラックパッドの手前は軽く、奥は重い感じになります。
これはMacBookシリーズのトラックパッドと同じイメージ。
トラックパッド面上部1/3くらいはクリック出来ないと
考えたほうが良さそうですが、慣れれば特に問題ないと思います。
総合的な使用感については、自分の場合、液晶タブレットと、
左手専用スクロールデバイスとしてのマジックマウス、
そこにペンを使わない時用のマイティマウス → マジックトラックパッドという
特殊すぎる環境なので作業性についてはまだなんとも言えないのですが、
ネットしたり写真を見たりといった普通の用途であれば
「マウスはいらない」と思えそうです。
以下に、恒例のマクロ写真を。











>>大きな写真はコチラでどうぞ。

関連する記事


コメントする

Spam Protection by WP-SpamFree