title

マクでドズ

081118vmware.jpg
ヒャッフー!これ↑やってみたかったんだー!
というわけで、満タンになってしまったMacBookの
ハードディスクを交換したついでに、
VMwareFusionとゆーソフトで、
Macの中でWindowsXPも動くようにしてみました。
>>VMwareFusionの詳細
インストールとかメンドクサかなー、と思いましたが
拍子抜けするほど簡単にできましたよ。
Macの中で、あの目が痛くなるブルーのウインドウを拝めるとは
なんだか悪い夢を見ているかのようです。
ただし、Windows側のウイルス対策をちゃんとやっとかないと
Macまで危険らしいので気をつけたいところ。


Windowsは別途必要になりますが、
Windowsを買う時はDSP版というのが激安。
パソコン部品の添付用Windowsという名目なので、
店によってはフロッピーディスクドライブとか、
128MBのメモリ等のガラクタがついてくるという、
コロンブスの卵的現象を体験できます。
>>WindowsのDSP版を検索
>>Vmware Fusion 2.0はコッチ
ちなみに、仕事柄パソコン全般に詳しいと思われるらしく、
「パソコンの調子が悪いんだけど」と
身内や友人知人から相談されるのですが、
それがWindowsの場合、私の口からは
「ウイルスじゃね?」としか出てきませんので
予めご了承ください。

関連する記事


コメントする

Spam Protection by WP-SpamFree