M65フィールドジャケットの魅力



冬はお気に入りのコートを着てぬくぬくと出かけたいものです。しかし機能的でかっこいいコートはけっこう高い!コートに3万も4万も出せるか、という貧乏さんは見逃せない軍用の防寒着。
軍用コートやミリタリージャケットは新品・中古に関わらず、希少品でなければだいたい安いものです。大量に低コストで作られてるから安いのでしょうか。私のM65は、新品[ライナー無し]6800円で買えました。

【2016年追記】  私が購入した2000年頃は安く入手できましたが、近年は数が少なくなり値段が上がっているようです。



マニアック! M65ストーリー

M1965フィールドジャケット(以下M65)は、その名の通り1965年にアメリカ軍が採用したもの。優れた機能性とデザインで、フィールドジャケットの傑作と言われ、現在でも世界の軍隊はもちろん、民間人のファッションアイテムとして愛されてます。そういえば今年で40周年ですね。

それまでの軍用防寒着といえば、色々工夫はしてあるものの、ゴツくて重く動きにくい重衣料。しかし60年代になると、ナイロンやマジックテープ等の新素材が登場します。M65は、古いコートのノウハウを生かしつつ、新素材を取り入れて新たに開発されたのです。

M65は、機能性はもちろん、デザインも高い評価をされてます。M65をベースに、ファッションアイテムとしてデザインされた高価なコートがたくさんあるほど。絶妙なフィット感によって生み出される体のシルエットが、立体的でかっこいいからだろうか。



タクシードライバーとM65

M65を一般の人たちに知らしめたのは、マーティンスコセッシ監督の映画「タクシードライバー」。主演のロバートデニーロが演じる、プッツンきた男が着ていた事で有名です(右イラスト)。怪しすぎる。

そして、有名と言えばビン○ディン(←怖いので伏せ字)。9.11テロの犯行声明の時、M65の迷彩柄を着ていた事で有名。アメリカの敵が、アメリカの傑作フィールドジャケットを着ていたとは、なんとも皮肉・・・。



ミリタリーと業務用に憧れて

ミリタリーアイテムはかなり好きです。ミリタリーに限らず業務用の物は「手加減無しに作られている」ところが好き。一般大衆向けだと、コストやデザインや流行などに合わせて、ある意味手加減して作られますが、業務用の物は、安全性や実用性、生産性をとことん突き詰めて作られます。これが機能美というものだろうか。さらに、それを業務で酷使した結果、いい感じにくたびれてきて魅力倍増。
身近なところでは、郵便局の郵政カブなんかが酷使されてて、たくましくかっこよく見えます。

Amazonのおすすめ書籍

ミリタリーデザイン
ミリタリースタイル
ミリタリーパッチ図鑑
ミリメシ

M65のサイズについて

ミリタリー放出品の店などで手に入る実物のM65はUSサイズなのでかなり大きめです。私は175cmでかなり細めですが、XSがピッタリでした。ファッション向けにリメイクされたものはその限りではないので、商品説明のサイズ表記をよく確認してください。


>>アルファインダストリーズ製も実用的

※サイズに関する追加情報 (BBSに書き込んでいただきました)

実物のM65は、USサイズなので日本式表示よりも1ランク大きいのですが、身長よりも胸囲が基準になっているそうです。ピッタリサイズを選んで、今風にタイトに着こなす場合、ライナーをつけたりセーターを着込むと窮屈で実用的ではないとの事。その場合、防寒着としての本領を発揮できないので、防寒性を求める場合は、少しゆとりのあるサイズにして、ライナーをつけたりインナーを着込むと良いそうです。


M65のデッドストック(実物)を探す


番外編:フランス軍やドイツ軍のコートも安い

M65も人気ですが、フランス軍・ドイツ軍の以下のコートも定番です。Amazonの衣料品は、配送無料・30日間返品送料無料の対象商品が多く意外と便利です。


フランス軍のF2ジャケットはスリムなシルエットで女性にも人気。ドイツ軍のモルスキンジャケットはやや厳つい雰囲気です。



イラストコラムトップへ戻る