title

Posts Tagged ‘WWDC’

WWDC2014 新型Macminiを想う

20140531wwdc1

仕事の合間とあれば、薪を集めたり畑を耕したり除草剤を撒いたりと、リア充すぎて更新が滞っておりますが、恒例のWWDCを前にジョブズが俺にもっと輝けと囁いているので華麗にエントリ。

今年のWWDCについて、このところの噂では、iOS8、OSX10.10、腕時計型端末と健康管理、そして人類が夢見てきたスマートホーム絡みの発表が有力視されています。スマートホームとは、iPhone等と住宅設備・家電が自動的に気の利いた連携をして、家から離れればホームセキュリティがONになり、エアコンやテレビ、照明がOFFになり、帰ってきたらその逆の動作をして…というのがベタな想像ですが、より素晴らしいなんやかんやがあるのでしょう。

これらについてはそれなりに期待しているものの、やはりハードウェアとしてのMacが好きな私としては、しばらく放置されているMacminiの動向が気になってたまりません。現行のアルミMacminiが登場したのはWWDC2010の直後。基調講演での発表はなくコソッとストアに現れ、衝撃のあまり耳が聞こえなくなりました。
この時のモデルは光学ドライブ搭載だったのですが、2011年モデルからは無し。光学ドライブのスペースが空いた分、2.5インチHDDやSSDを2台まで搭載可能でした。
>>MacminiのSSD増設レポ

そのようなわけで、思えばMacminiは光学ドライブの面影が残る唯一のMac。iMacやMacBookPro、MacProが光学ドライブ無しのフルモデルチェンジでコンパクトになったように、Macminiもさらに小さくなるポテンシャルがあります。
そういえば、MacProと同時に登場するかと思われた新型Thunderboltディスプレイも音沙汰なしなので、Macminiと合わせて登場すると勢いで両方ポチる絶好のタイミングです。そうなるとThunderboltディスプレイのRetina化に期待せざるを得ず、ならばいよいよiMacRetinaも…と芋づる式に期待が膨らみます。
それを信じることによって、上のWWDCバナーが、MacBookAirRetinaが発表されたWWDC2012のバナーのフラットデザイン風に見えてきますが、WWDCで期待しすぎてガックリするのは毎年のことなので心穏やかに火曜日を迎えたいと思います。

>>Mac mini (Mid 2011 / Late 2012) 上段ベイ用のSSD増設補助キット DIYIMM11D2

WWDC2012予想など

wwdc2012

今や熱狂的マックファンではない堅気の人々までもときめかせるWWDC(←やや強引)が近づいてきました。
WorldWide(ワールドワイドな)Developers(開発者の)Conference(会議)であるため、ハデな新製品(特にMac)の発表はないと毎年肝に命じつつも、期待しすぎてガックリするのが恒例なっていましたが、最近の噂を真に受けるなら今年はかなり期待できそうです。

Mac

まずはMac。驚いたことに、最新の噂ではほとんどのMac(MacBookPro、MacBookAir、iMac、MacPro)が高解像度になって一気に発表か、と言われています。高解像度化というのは、ディスプレイの物理的な解像度アップだけではなく、OSレベルでの解像度アップ、つまりiPhoneやiPadのようにハードもソフトも高解像度になるとされ、それは開発者にも深く関わることなのでWWDCでの発表は理にかなっています。
また、↑のWWDCのロゴは「なめたくなるだろぅ?」というドヤ顔ジョブズの天の声が聞こえてきそうな美しさなのですが、大小のピクセルらしきものが集まってアップルのロゴになっている様から深読みすると、やはり解像度に関わるなんやかんやを連想させなくもありません。
この記事の続きを読む…

1分で分かるWWDC

090609iphone_os.jpg
当ブログは、このブログを読んでいる友人知人クライアント様など、
特に熱烈なマックファンでない人を、知らない間に
マックファンに洗脳してしまおうという隠れた(いま暴露)コンセプトがあるため、
あまり難しい話はしないよう心がけております。
そこで、開発者向けで少し小難しいWWDCを超手短かにまとめます。
【MacBook】不意打ちのMacBookシリーズ改変。アルミボディは13インチも含めProに。ディスプレイがキレイになってバッテリ稼働時間延長。SDカードスロットがついて大幅に値下げ。
【新OS、SnowLeopard】派手な機能アップはないものの内部的に相当洗練されました。9月発売で、現Leopardユーザーは驚きの29ドルでアップグレードできます。
【iPhoneOS3.0】コピペをはじめかなり機能向上。6/17日からダウンロード開始。iPhoneの人は無料。iPodTouchの人はおそらく1200円位。
【新型iPhone】新しいiPhone3GS。SはスピードのS。デザインそのままで高性能化。オートフォーカスカメラやビデオ撮影&編集。16GBが$199で、32GBが$299。日本では6/26日から発売。
まとめ以上!
というわけで、>>昨日の妄想エントリのようなサプライズはありませんでした。
WWDCは開発者向けイベントなので、こんなもんであるというのも確かですが、
ジョブズ氏復活まで何かを出し惜しんでいる感も個人的には否めません。

この記事の続きを読む…

あえてiPhone nano

090608wwdc.png
当ブログにおきましては、2006年から
毎年一人キャッキャと盛り上がっておりますWWDCがついに本日深夜!
ほぼ確定的なお題としては、新iPhone、新iPhoneOS、新OSX、
ということで、熱心なアップルファンでなくても
激しく興味をそそられる品揃えとなっています。
この時期になると世界規模であらゆるウワサや偽情報が氾濫しており、
もはや何を信じればいいのか分からないため、開き直って、
あえて斜め上を行く誇大妄想的な独自予想(イラスト付き!)を以下に。

この記事の続きを読む…

WWDC2008iPhone速報

080610iphone1.jpg
ついに登場!iPhone3G!
発売日は7月11日。
価格は日本ではどうなるか分かりませんが、
基本199ドル〜なので、普通のケータイと
あまり変わらないかもしれません。
とんでもなく高いのでは?という説を見事に覆しました。
販売方法などは後日発表されるそうです。
見た目的には、流出画像と同じ模様。
大きさ、質量は旧モデルとそんなに変わらないものの丸っこい。
黒と白の2色。8GBと16GB。
新たにGPS搭載。
詳細はオフィシャルで。
>>iPhone3G
CMはこちら。
>>iPhone3G Ads
発売される国。
>>国一覧

WWDC2008

wwdc2008.jpg
世界中のマックファンが待ち望んだWWDC2008、ついに今夜!
フツーの人は、明日の朝になれば
iPhoneの話題がニュース等で聞けるはずで、そうするのが
健全だと思いますが、熱心なマックファンは徹夜で
コンマ1秒でも早く情報をゲットできるよう臨みましょう。
発表会場に潜入した海外マックサイトの管理人達が、
会場内でのパソコン使用禁止という注意も無視して
刻々とブログを更新してくれるはずです。
サイトによって繋がりにくかったり、更新の時間差があったりするので、
それらしいサイトをすごい勢いで巡回してチェックし、
最速の情報を得る事で、世界中のマックファンとコーフンを共有できます。
また、恒例となっている>>キーノートビンゴで楽しむのも良いでしょう。
こんな事を書くと、自分が英語が堪能みたいな感じがしますが、
まったくそんな事はなく、中学英語以下のなので
主に場の雰囲気や、心の目によるクリエイティブに頼ることになります。
というわけで、恒例の、言ってみるだけタダの予測は以下で。

この記事の続きを読む…

そろそろiPhone

080520iphone2.jpg
アップルのウワサ系の記事は
その手の噂サイトがたくさんあるので、
こんなネトの片隅で叫ぶ必要もないかと思ってましたが
意外と「この日記で情報得てます」、
という人(ソフトなアップルファン?)もいるので、
調子に乗って華麗にエントリ。
製品としての新iPhone発表は、
6月9日のWWDCで確定気味です。
先立って、これまでiPhoneを使えなかった国々でも、
ジワジワと新iPhoneの発売が公式に発表されてます。
※下の画像で赤いところがiPhone国家。
080520iphone.gif
が、ニポンは特に確定的な話はナシ。
これまで何度となくズコーしてきたので、
まあ秋とか冬になるんじゃね?とクールに装いつつも、
意外と今月末あたりにドーンと動きがあるような
期待も押さえきれません。
iPhone確定でワクワクしながらWWDCに臨めるなら
サイコーですが、iPhoneおあずけのWWDC
心が崩れていくのでマジ勘弁してほしいです。
最近の新型iPhoneのウワサと画像は以下。

この記事の続きを読む…

WWDC2007結果

070612jobs.jpg
「WWDCは開発者のためのイベントだから
新製品の期待はすんなって言ってるだろ」
と、ばかりに肩すかしを食らい、今年も懲りずに抜け殻状態です。
噂されていた、新型iMacなどの発表は一切なし・・・。
昨年の痛い目にあった経験がまったく生かされていません。
※今回の記事は若干マニアックなのでご容赦くださいよ。

この記事の続きを読む…