アップル

IMG_9810

>> Apple – iPhone 6

「世界で最もマクロな描写でアップル製品に迫る当ブログ」…と言いたいところですが、おそらく探せば顕微鏡レベルで撮影している変態もいると思うのでやめておきます。
9/19日に抜かりなくゲットしたiPhone6に、いつものように程々なマクロ撮影で迫りましたので写真と感想は以下で。

MacBook, アップル, カメラ


昨年10月に発売されてから衝動買いをこらえるのに必死だった二代目MacBookAirですが、その新型が先々週登場。

>>アップル – MacBook Air

仕事はMacBookPro 15インチ(Late2008)でやってますし、ゴロ寝インターネットにはiPad2があるので、Airを買って何に使うのかと言われると、リビングでゴロ寝一歩手前の状態でダラダラマックする、といった微妙な用途なのですが、徹底的にそぎ落とされたAirのコンセプトをじっくり堪能してみたいという好奇心が抑えきれず、気が付けば郊外の量販店へと高速道路を飛ばしていました。

そのようなわけで、もはやお家芸であるニッチなマクロレポートをお届けします。

iPad, アップル, 住居とインテリア

大震災の影響で発売延期となり、いつ発売されるのか混乱していたiPad2ですが、4/27日の夜になって「明日の朝発売」という電撃発表。
それらしい噂は流れていたものの、アップルストアや家電量販店が大体閉店した後の発表だったため、予約の可否や在庫数など問い合わせようがなく、意地でも手に入れたい人は一か八かで現地突撃するしかないという事態に。
聞くところによると、お祭り騒ぎの自粛と、余震を警戒して、行列を作らせないという計らいだったそうです。
※ 実際は、直営店の開店前には400人の行列ができたそうですが…。

そんなわけで、自分も一か八かの作戦で、開店1時間前の家電量販店に現地スタンバイ。最初は一人でしたが開店時間が近づくに連れ、ジワジワと人が増え10人以上の列が。しかし、その時点でも「果たしてこの店に入荷するのか?」というチキンレースです。
結局、開店時間にシャッターが開くと同時に整理券が配られ、整然と入場し無事購入。並んでいた見知らぬ人たちと功績を讃えあいました。

で、今回はわけ合って、16GB(白)と32GB(黒)を購入。
製品の仕様や常識的な写真レポートは世界中のアップルファンのブログに任せ、恒例の「誰得(誰が得するんだよ)マクロ写真レポート」と、初代iPadと比べて >>これがどがいに素晴らしいんか〜、という個人的なウットリポイントをお届けします。

アップル


27日夜の発表と同時に注文し、先ほど届いたアップルのマジックトラックパッド。
勢いに任せて恒例のマクロレポート&ファーストインプレッションです。

アップル


昨日発売され、早くも世界中で入手困難なiPhone4。
よく訓練されたアップルファンの知人がさっそく入手したので、
「撮るしかない!レアなうちに!」ということで、
今回も変態じみたマクロ撮影を決行しました。
機械での加工跡や、ポケットの中のホコリまで見える接写レポは以下で。

iPad, アップル


言うまでもなく、全力でiPad買いました。
発表されるまで数年待ち、発売されるまで4ヵ月待った
夢のデバイスが今ここに!
iPadの使用感や未来など、朝まで語りたいことが山ほどあるのですが、
長くなるのでまたそのうち…。
そんなわけで、まっとうなレポートは世界中の人がやっているため、
誰も望んでない恒例の接写レポートをお届けします。
iPadの毛穴にまで迫るマクロなレポートは以下で。

アップル

Mac
すぐにスクロールしなくなることで悪名高いアップルのマイティマウス。
我が家では有線3個、無線1個があるうち、生き残りは有線1個だけ。
もちろん、ジッポオイル法やCRE556法、セロテープ法などで
何度も蘇生させてきたのですが、
末期患者になるとそれも効かなくなり、ガラクタ箱送りになります。
訳あって、無線のマイティマウスが必要になったのですが、
また買うのも悔しいので、
国家資格「1級マイティマウス修理士」の私が
修理を試みる事になりました、後半ウソです。
というわけで、世のため人のため、修理の過程を以下に掲載いたします。
誰でもできるとは言い難いですが、マイティマウスの中身が
どうなっているか気になる人はぜひ。

アップル, カメラ

090314ipodshl_logo.jpg
アップルストア栄よりiPodshuffle入荷との連絡をいただいたので、
ウワーイと購入してきました。
土曜日の昼時点では、店内に展示されず
レジの後にひっそり並べてあったのはなぜでしょうか。
で、恒例の開封レポと言いたいところですが、
すでに世界中でレポされているため遠慮して、
我が家の鳥撮影用マクロレンズによる
ニッチでドキドキな「接写レポ」をお届けします。
接写レポと、使ってみた感想は以下で。

カメラ

0810023macro.jpg
先日デビューした一眼レフの標準レンズでは
うちの鳥様を撮るのは少し厳しいことが分かり、
いろいろ勉強したところ、
50mmのマクロレンズがベーシックでイケてるという事でゲト。
シグマ 50mm F2.8 EX DG MACRO
レンズとしては断然安い方ではありますが、
コンパクトデジカメが1台買える値段。
「こないだ嫁さんに内緒でレンズ買っちゃってさー」
とか言ってるオジサマの気分が分かってきました。
一眼レフの底なし沼に引きずり込まれつつあります。
ちなみに、メスは昨年の冬、風邪をこじらせて
お亡くなりになってしまったため、
最近、2代目のメスがやってきました。
原種のキンカチョウとは少し違う種の
「古代キンカチョウ」というそうですが、
どう違うのかは調べても明確なデータがなく
よく分かりません。写真は以下で。