イラストの一覧

オフィスの危険
↑クリックで拡大します

以前WORKSページに載せていたものですが、
最近こういった箱庭的なお仕事が多いのでサンプルとして再掲。

オフィスには思いもよらぬ危険が一杯です。
通常、お仕事では悪ふざけが過ぎるとやんわりNGをいただくので加減しますが、
この案件では「ブラックにしてください」ということだったので
ところどころ笑えません。

朝日新聞 法律相談イラスト

私が会社員してた頃は、朝5:00に仕事を終え、朝8:00に出社したりしました。
労働時間としては現在も似たような時がありますが、
上司の目を気にせず仮眠できるのがフリーランスのメリット。

地下鉄やバスのマナー広告用イラスト。

エスカレーターは片側を空けて急いでいる人を通す、という風潮がありますが、本来は歩行禁止であるため、両側を使って輸送効率を上げるのが正しいそうです。

>>参考ニュース記事

R25の「逆流性食道炎」に関する特集でのイラスト。
吐き気やゲップ、胃酸の逆流に苦しむ男たち。
暴飲暴食やストレス、不摂生な生活が逆流性食道炎の原因となります。

イラストのサラリーマンとは関係ありませんが、フリーランスはストレスが少なそうと思われがちなんですが、フリーになりたての人は無意識のプレッシャーによって、グロッキーになる人がけっこう多いそうです。

私もフリーになりたての頃は胃の不調で苦しみ、打ち合わせランチが喉を通らず心苦しい思いをしましたが、今思えば、あれは単にコーヒーの飲み過ぎだったような気もします。今では胃と相談しつつレギュラーコーヒーなら1日1杯程度にセーブしており、我ながら成長したなと思います。

販売店のノルマ

ノルマ達成のために販売員が商品を買わされるの図。
たいへんブラックです。

コンビニ販促キャンペーンイラスト

某コンビニチェーンの、栄養ドリンク販促キャンペーン用ポップのイラスト。
レイアウト前のイラストオンリーの状態です。

私も繁忙期には栄養ドリンクに助けられてます。
個人的にオススメなのは、カフェインとアミノ酸が入っている系統。

仕組み預金

特選街「岩田昭男のマネー&カード相談室 転ばぬ先の損得勘定」挿絵。
2009年4月から毎月担当させていただいています。

この回は、高金利ながらも好きなときに引き下ろせない
「仕組み預金」に関するイラスト。
資産運用は計画的に。

定年退職と再雇用に関するイラスト。

改正高年齢者雇用安定法は、すべての会社に65歳まで雇用を継続する義務がありまして、
「客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上も相当と認められない場合、
解雇は無効である」のであります。

外国人の賃金に関するイラスト。

外国人といえば、学生時代、バイト先にいた中国人オバさんが
「イマイサン、インターネトシテルナラミセテヨ。」と言うので
「ドウゾドウゾ」と家に招いた際、
ファンヒーターの上に置いてある灰皿を見るなり、
「ギャー!ア、アブナイヨー!!」と絶叫。
ファンヒーターと言えど、上にモノを置くのは関心できませんが、
あのリアクションは、ストーブと勘違いしていたとしか思えず、
お互いカルチャーショックを受けたのでした。

個人事業者でも、条件を満たせば労働組合が結成できるというイラスト。

バイクとか自転車は書くのが大変というか、
細かく書き始めるとキリがないので、大胆にデフォルメすべきですが、
バイクは好きなので変なところにこだわってしまったりします。
手前のバイクはそれとなくV型ツインエンジン。

wifiでネット

R25タイアップ、フレッツ光モバイルスポット関連のイラスト。
家でも外でも快適なネット環境を。

金持ちサラリーマン

裏技大百科

裏ワザで得したサラリーマンとOL。
思えば、儲かり系のイラストは割と多い気がします。

カメラと電話

デジタルグッズ系雑誌のイラスト。
自分が詳しい分野のイラストの依頼をいただくと無駄にワクワクします。

昔からビデオカメラや細々した家電が好きで、
こうなればいいのに、と思っていたことが次第に現実になってきて
わくわくする今日この頃。

10年後にはどんなカメラや家電があるのか楽しみです。

ブルーレイや3Dテレビ

受動喫煙

2007年から毎週担当している、朝日新聞夕刊「働く人の法律相談」の挿絵。
業務上での受動喫煙は是か非かというイラスト。

私は学生の頃タバコを吸っていたのですが、
タチの悪い風邪が数ヶ月続いた時に自然とタバコをやめました。
しかし、最近流行りの電子タバコを興味本位で試してみたところ、
猛烈に本物のタバコが吸いたくなり、
たまに吸ってしまうという電子タバコの存在意義をぶち壊す結果になりました。
タバコをやめられた人はタバコ懐かしさで
電子タバコに手を出さない方がいいかもしれません。

朝日新聞 法律相談

2007年から毎週担当している、朝日新聞夕刊「働く人の法律相談」の挿絵。
私も労働関係の法律に詳しくなりつつあります。
就業規則を経営者が一方的に変えてはいけませんよ。