title

Archive for 8月, 2012

iMac Late2009をSSDに換装した記録

[2012-10-21追記]  iMac(Late2009)のHDDには不具合があったため、HDDの無償交換対象になったようです。
>>iMac 1TB Seagate ハードドライブ交換プログラム

お盆前、奥さまが使っているiMac(Late2009 27インチ)でDVDを焼こうと思いディスクユーティリティを起動すると、メインのハードディスクから「修復できないハードウェアエラー」通知が。その後、いちいちレインボーくるくるが発生するようになり、これはいかにもハードディスク臨終直前の様相に。幸いTimeMachineが絶賛稼働中なので昔のように顔面蒼白になることはないのですが、完全に動かなくなる前にHDDを交換するなりなんやかんや対処しておかねばなりません。そんなわけで、お盆休みのうちに颯爽とミッションスタート。

しかし、嫌な予感はしていたのですが最近のiMacをいじるのは一筋縄ではいかない模様。Late2009のiMacの場合は、HDDの温度センサーがソフトウェア的にHDDと通信しているため、iMacご指定の限られたモデルのHDDしか受け付けません。iMacが認めないHDDですとHDDの冷却ファンがマッハで回るという拒絶ぶり。とにかくアップルとしては勝手にいじらずに修理に出しんさい、という事です。
ちなみに、アップル正規修理の場合、保証は切れているので数日預けて交換費用30,000円〜35,000円ほどだそうです。HDDの価格に対してはお高めですが、素直に修理してもらうのが常人としてあるべき姿かと思います。

しかし、お察しの通り、私の場合はリスクを追ってでもカスタム的なDIYをしたくてウズウズするGEEKゆえ、やはりお約束のSSDカスタムにトライしました。美しいiMac内部を一眼レフで激写したSSDレポートは以下に。

この記事の続きを読む…

最近のコーヒー事情

(自称)コーヒー通でコーヒーにうるさい私ですが、いろんな豆や器具を試してきて最近着地したのが、スターバックスのインスタントコーヒーVIA(コロンビア)です。うるさいと言いつつインスタントに行き着くあたりがワナビーっぽい。

しかし、ワナビーっぽく言い訳すると、これまで試行錯誤してきたものの1杯程度のドリップ量で味を安定させるのは意外と難しく、美味しい時もあればイマイチなときもあり、また消費量が少ないと豆の劣化が進んで常に味が不安定でした。その点VIAなら、お湯の量さえ間違えなければいつも同じ味、ということで大変実用的。あと、ドリップより胃に優しいような気がしています。

難点といえば、1杯あたり90円〜100円と、インスタントとしては超高級。また、スターバックス店舗か、一部コンビニでしか手に入りませんので、うちではゲリラ的に微妙に安く売っているネットショップでまとめ買いしています。
コーヒージャンキーとしては、もう少し安く、入手しやすくなってくれると嬉しいところ。。