アップル


昨日発売され、早くも世界中で入手困難なiPhone4。
よく訓練されたアップルファンの知人がさっそく入手したので、
「撮るしかない!レアなうちに!」ということで、
今回も変態じみたマクロ撮影を決行しました。
機械での加工跡や、ポケットの中のホコリまで見える接写レポは以下で。

Macmini, アップル

100621macmini1.jpg
世の中がiPhone4の予約で大騒ぎになっている最中、
伏兵のごとく登場した新型Macmini。
Macminiは、2005年1月に登場してからずっと同じデザインで、
ここ2年程は廃番の噂も流れる中、存続を祈りながら見守ってきたため、
個人的にはネタバレしていたiPhone4よりもテンションが上がりました。
これまでのキュートな佇まいから一新し、シャープでモダン。
そして、まさかの回して開ける底面カバー。
職人ワザが必要な旧型の分解とは一線を画すスマートさです。
ただ、個人的にはメモリ交換よりもHDD交換しやすい方が嬉しいですが。
100621macmini2.jpg
あと、見逃せないのは、電源が内蔵されていること。
旧型Macminiは、本体並みの質量のアダプタがゴロリと付属しましたが、
新型はコンセントだけ。
電気に疎い自分は、あのアダプタがなんのために必要で
なぜにあれほどデカイのか分からないのですが、
アレがないと非常にスッキリします。
また、簡単にテレビに接続できるHDMI端子付きなので、
リビングPCとしてもバッチリ。
いつものごとく、必要ないのに欲しくなるので困ります。
100621macmini3.jpg
>>新型Macminiのページはコチラ
さてそんなわけで、Macminiと言えば、
先月、引退していた旧型Macminiを3.5インチHDDの
ファイルサーバーに改造しました。
我ながら見ても面白くないオペの記録は以下で。

アップル

100609iphone4g_top.jpg
ついに登場、iPhone4。
まともなレビューは世界中のブロガーが発信しているため、
いつものように「その筋の人ではない人ためのヌルいレポート」をお届けします。
今回登場したのは、4代目となるiPhone、その名もずばりiPhone4。
洗練っぷりを味わうため、まずはこれまでのiPhoneの歴史を
振り返ってみます。自分が振り返りたかったんですが。

イラスト

100606spforce.gif
気が向いたとき練習イラストをアップしております。
今回は、どこぞのスペッシャルフォース。
意味なく銃のディティールに凝ってしまいました。

>>装画の仕事