iMac, アップル

091119imac1.jpg
Twitterでは中途半端な説明になってしまったため改めてエントリ。
この度、なんと2007年8月購入の24インチiMacを
新型27インチに交換していただきました。
詳しい経緯は以下の通り。
最初期型の24インチiMacは、液晶の色ムラやガラスの曇りなどのトラブルが
けっこう報告されているのですが、
うちのiMacもなかなかタチが悪く、液晶内に謎の黒いまだら模様が発生。
1年保証が利くうちに、ということで、購入1年後の2008年8月に
液晶パネルを無償交換してもらっています。
ちなみにその時にアップルケアに加入。
ひと安心したものの、その後数ヶ月で再び謎のまだら模様が発生しまして、
だましだまし使っていたものの、次第に濃くなってきたため、
今月始めにアップルストアにて相談。アップルケアによる保証で、
再度、無償での液晶パネル交換となりました。

スーパーカブ, 郵政カブMD90

091119cubpro1.jpg
ちょっと目を離した隙にこんな興味深いカブが登場していました。
スーパーカブ110プロ。
MacBook Proのごときプロ感が漂い、業務用マニアの心をくすぐります。
>>スーパーカブ110プロ 公式ページ
しかもこのカブ、新聞配達向けの >>プレスカブ系ではなく、
完全に郵政カブの血筋です。
小回りが効いて車高が下がる14インチタイヤと、
テレスコピック式フロントサス、
郵政カブのシンボル的なフロントキャリアに、大型サイドスタンドなど。
近い将来、郵便仕様の赤いこのカブが走り回ることになりそうです。
そんなわけで、いてもたってもいられず、赤いバージョンを作ってみました。
091119cubpro2.jpg
未来の郵政カブって感じです。
新型カブのパイプフレーム+プラカバーには個人的に馴染めないものの、
入手が簡単で実用的にサイコーなこのカブは気になる存在になりそうです。
逆に、金属モノコックの昔ながらのカブは今後消えて行くと思われるので、
そっちが欲しい人は今のうちにどうにかしておいた方がいいかもしれません。
ところで、カブと言えば、夏にこんなイベントに行ってきました。