title

組長の仕事

栄誉ある町内会組長の私ですが、
横柄な態度の町内会長の命令により、
隣町の行った事もない神社の維持費を
罪亡き組員より500円ずつ徴収せねばなりません。
神社への協力とは一種の宗教活動であるため、
支払いは任意。払いたい人が払えばいいのです。
しかし、一応、低姿勢で集金にまわりましたところ、
「うちはそういうの協力できないです」とか言われる。
「ですよねー」と思う。
しかし、意外にも自分は500円払いました。
町内会長のご機嫌取りではなく、なんかご利益あるかなーと。
ご芳名録には今井ヨージと書いておきました。

関連する記事


One Response to “組長の仕事”

  1. 我が家も今年度、地域の組長をやっています。観覧版回しに、集金に、自治会行事のお手伝いにと、結構メンドイよね・・・。先月、赤十字の寄付金集めがありました。相方は「そんなんする人いるかっ!」って言ってたけど、いるもんですね〜、奇特な住民の方が!やっぱ赤十字だけに人助けのイメージが強いんでしょうね。標的がグローバルすぎて我が家はパス。俗人なので身近なことだったら応じていたかも・・・。

コメントする

Spam Protection by WP-SpamFree