title

WWDC2007結果

070612jobs.jpg
「WWDCは開発者のためのイベントだから
新製品の期待はすんなって言ってるだろ」
と、ばかりに肩すかしを食らい、今年も懲りずに抜け殻状態です。
噂されていた、新型iMacなどの発表は一切なし・・・。
昨年の痛い目にあった経験がまったく生かされていません。
※今回の記事は若干マニアックなのでご容赦くださいよ。


予定通り、レオパルドの新機能が披露されましたが、
個人的にはなかなか微妙な機能であります。
例えば、ファイルをひとまとめにして
Dock(画面下のアイコン集)に登録し、
↓こんな風にビヨヨーンと出てくる、「スタックス」とか、
070612osx1.jpg
FinderのウィンドウがiTunesみたいになって↓
070612osx2.jpg
直感的にファイルを探しやすくなったとか・・・。
※動いてる様子は
>>Desktopのページ
>>finderのページ
右下の「Wach The Demo」で見られます。
OSの基本ではありますが、ファイルを分かりやすく管理し、
簡単に見つけられる、といういくつかの工夫。
しかし、長年、Macでデザインとかやってる人は
絶望的に汚いデスクトップでも、自分なりの管理方法で、
何がどこにあるのか分かっていたりするので
なかなか恩恵を受けにくいかもしれません。
ちなみに自分のデスクトップは常に↓こんな感じです。
070612desk.jpg
これでも、いま何をすべきで、次に何をして、
何が処理済みかバッチリだったりします。
むしろ、アイコンの場所で覚えてるので、一覧表示は困る。
自分の好みは置いといても、
意外に地味だと言わざるを得ない発表でした。
一応、サプライズとして、Windows用の
Safari(OSXのWEBブラウザ)が登場。
まだベータ版なので、日本語サイトが
見れなかったりしますが、IEとかに比べて
めちゃめちゃ速くて美しいので、
ウインドウズの人はワイワイキッキと
プチMac体験してみるのもよろしいかもしれません。
>>Safariのページ
正直なところ発表よりも、その後さりげなくリニューアルされた
アップルの新サイトデザインの方が興味深いものがありました。
が、その話は長くなるのでまた後日。
そんなわけで、
レオパルドにおかれましては、ビックリするような事は
発表されず、またしても打ちのめされましたが、
「今回は300個ある新機能のうち、10個を発表しよう」
という出だしだったし、それがトップシークレットだとは
言っていなかった気がするので、
ひょっとしたらまだあるのかもしれません。
何より、今回程度の機能であれば、プラグイン的に
サードパーティが作れそうな気もするし、
開発期間の長さから察するに、まだトップシークレットが
あるのではないか、また、それがハードウェアに依存するような
操作系のもの(マルチタッチとか)であれば、
ハード(iMacやディスプレイ)と同時に発表する必要があるので
時期を調整しているのではないか・・・
そんな風に、懲りずに期待を膨らませてしまう
自虐的なアップルファンと、ドSなアップルの需要と供給は
本日も平和に保たれています。

関連する記事


2 Responses to “WWDC2007結果”

  1. うーん、確かにこれ!っていうサプライズは無かったね。
    ドックが3Dになったのはちょっとおもろい気はする。
    しかしデスクトップ広くていいなぁ。
    ノーアイコン主義の俺はハードディスクのアイコンしかない。
    あとはコマンドランチャーで……
    しかし新しいiMacがほんまにシネマディスプレイ型やったら、
    衝動買いしてしまうかもしれんわー。

  2. 一部の熱狂的ファンが(自分を含む)過剰に期待をしてるのでアレだけど、冷静に考えるとOSとしては凄い進化なんだよねー。自分はSpacesとタイムマシーンが有り難い。
    iMac、どうなるかなー。現状の出来がいいだけに期待。

コメントする

Spam Protection by WP-SpamFree