title

マイティマウス復旧

アップルの革新的スクロールマウス、マイティマウスですが、
スクロールボールのメカに汚れがたまり、
スクロールしなくなって猛烈にイライラする事があります。
構造上、分解する事ができないので、
世界中のユーザーが、付箋のペタペタする面でほじくったり、
細く切ったセロテープをボールに巻き付けてゴロゴロしたりする事に、
貴重な人生の一部を捧げ続けているわけですが、
どこかのヒマな外人が画期的な解決方法を発見。


なんと、ボールにZippoオイルを1滴たらし、グリグリやるだけで
これまで取れなかった汚れが溶け出してきて、
快適なスクロールがよみがえるというもの。
で、さっそく試したところ、今まで出てこなかった
細かいホコリや、なぜかマツ毛が出てきて、
新品同様のスクロールになりました。
ただ、オイルをつけすぎたのか、
ボールを押してのクリックができなくなりましたが、
30分位で直りました。
オイルでスイッチが作動不良になったものの、
揮発したため回復したものと思われます。
アップル公認ではないので、自己責任になりますが、
マイティマウスの調子が悪い人は、イライラして
投げ捨てる前に試してみても損はないかもしれません。
IMG_6401.jpg
ロジクール ワイヤレスレーザーマウス「MX Revolution

関連する記事


3 Responses to “マイティマウス復旧”

  1. あ。
    アタシもたまにスクロールしなくて投げたくなる。
    そしてたまにワイヤレスを探知しなくなる。
    そうするとまた投げたくなる。
    いっそ投げたらどうだろうか?
    今井せんせい一度投げてみてくださいww

  2. いい加減目覚めなさい。
    スクロールしなくなるのは掃除不足です。
    ワイヤレスが切れるのは愛情不足です。
    マクとはそういうものなんです。

  3. なるほど、そういう方法もあるのね〜。
    これ分解できないから、どうやって掃除するんやろーと思ってたのよ。
    結構埃つくもんなぁ。

コメントする

Spam Protection by WP-SpamFree