title

大前光一くん

中学、高校時代、やんちゃでアホで友達の少なかった自分と
いつも遊んでくれた一人が光一君。彼は相当の変わり者で、
数々の奇行で周囲を驚かせた。
とばっちりで目立つ事が嫌だった自分は
そんな彼を時に疎んじた事もあったけど、冗談半分で
「ヤツは大物になる」なんて言ってました。
高校時代から彼は演劇にのめり込んでいき、
卒業後は関西方面の演劇の学校に進みました。
彼に限らず、地元の知り合いとはほとんど連絡を取り合う事は
なかったので、接点もなくなったけど、
学生時代、ネットで彼の名前を調べてみた事があります。
本格的なバレエか何かの役者としてその名があったような・・・。
たしか二十歳前後の頃だったので、その若さでそれはないだろうと
思い、別人かと思っていたのです。
で、昨日、BBSに同級生のやっちゃんが書き込みしてくれて、
光一君が義足でダンサーをやっている、と。
「別人じゃね?」と思いつつ調べてみたら間違いなく本人!
彼の記事はコチラ
それはもう大変感動・・・というか、もはや次元が違う。
以前何となく、「イラストレーターが右手を無くしたらどうだろう、
まあ、左手でもいけそうだな、左手が無くなっても口でいけるかも。
では目が見えなくなったらどうか、無理かもしれんね」
なんて考えていたんだけど、ダンサーの彼は、左足を失ったそうだ。
比較できない事だけど、ダンサーにとって足は命でないだろうか。
それを失った衝撃は想像できません。
しかしその壁に挑み続けている彼のエネルギーと根性、精神力は、
昔のそれを感じさせつつ、何倍にも膨れ上がっているような。
自分もママゴト程度の苦労はあったけど、彼に比べれば無と同然。
すこし彼のエネルギーを分けてもらった気がしました。

関連する記事


コメントする

Spam Protection by WP-SpamFree