title

バンポク

遅ればせながらバンポクに駆け込み参戦。
ある程度覚悟はしていたけどこれ程とは・・・。
050915banpaku.gif

関連する記事


5 Responses to “バンポク”

  1. そうでしょ!そうでしょ!ここんとこ半端じゃないからね。自分は日立とトヨタ見たさに、連休初日、70代の母親という最強の武器を連れて参戦!東山線の始発に乗ったのに、「何でこんなに混んでるの〜!?」っていうぐらいの超ギュウギュウ詰め。母親が心臓麻痺起こすんじゃないかと思ったくらい・・・。すでに北ゲートは黒山の人だかり。「何でー?お前ら泊りこんでるのかよっ!」それでも一番奥のゲートに陣取った結果、母親の高齢者枠で日立とトヨタの午前中の整理券をゲット!持つべきは元気な親かな。

  2. なんだかんだいってもお年寄りはたくましいです。
    死人がでるんじゃないかという、あのクソ地獄で
    万国博覧会を心から楽しんでおられますね。
    自分は何時間も並ぶ気力はなかったので、地味な
    国のパビリオンをつまみ食いしましたが、
    ほとんどが土産物屋でした。
    やっぱ並ばないとダメですねー。

  3. 外国館の物産展(?)の値段はあってないようなもの。「えっ!高ーっ!!」とでも言おうものなら、どんどん下がっていくもんね。何なんだ、このいい加減さは・・・と真面目な日本人は思ってしまうかも。この手で余計なものまで衝動買い。日立館は人気度No1だけあって、なかなか楽しかったよ。3Dの画面に受付で撮影された自分の顔が出てきて、しかもナビゲーターのフクロウおじさんに名前まで呼んでもらえる。おサルにバナナだってあげられちゃうんだから。開門30分前までは何とか座っていられるから、今度は徹夜トライでいかが?

  4. 見るべきものは全部見ず、どうでもいいものばかり
    見てきてしまった気が・・・。
    唯一感動したといえば、ニュージーランド館の
    地味に大きなスクリーンで上映してた映像。
    地味に臨場感満点でしたよ。
    企業館のスクリーンには勝ち目なしですが。

  5. しょせん、新しもん好きの「みいはあ」感覚なんで・・・。一見地味な芸術(?)の奥深さとは比べられないよね。

コメントする

Spam Protection by WP-SpamFree