title

ご介護その2

数日間の介護の結果、初日とは比べ物にならないほど
元気になった。食欲も出たし、散歩も喜ぶし、久しぶりの
うんこもしました。
でも、動物病院では、以前から匂わしていたらしいけど、
やはり胃か十二指腸のガンの可能性が高いと言われる。
全身麻酔での検査や、手術には
とても耐えられないようなので、対処療法で、
なるべく楽に、楽しく余生を過ごす事になるだろうと。
予想はしていたので、勉強してきたんだけど、
最近ではガンも研究されてきて、手術で
切り取ったり、抗がん剤などで攻撃しまくるのではなく、
刺激しないよう共存していく事もできるらしい。
獣医からそれらしい薬(サメ軟骨)ももらったので、
ロッキーとガンが仲良くやってくれるのを祈るばかり。
ガンはそのままで、老衰で死ぬ程に、穏やかに
過ごしてほしいな。

関連する記事


Comments are closed.