title

赤福が食べたくて

身近だからこそ気がつかない事もある。
ある日、突然ドキューンときて、好きだという事に気づく。
それが赤福。
名古屋に住んでから、何度かガマンできず名駅の
土産物屋で買った。赤福と熱いお茶があるだけで
幸せを噛み締めることができるのです。
いま猛烈に食べたい。
akhuku.jpg

関連する記事


Comments are closed.